コラム

2016.07.11更新

大阪市福島区のです。

当事務所のオフィシャルサイトにて、起業や税務についてなどのコラムを発信しています。

※不定期では御座います。

当事務所のサポートや税務面のフォローなど、

お手すきな際にご確認ください。

西川一博税理士事務所:公式サイトコラムへ

投稿者: 西川一博税理士事務所

2019-04-03
カテゴリトップ>家具・収納>キッチン収納・食器棚>キッチンストッカー・食品ストッカー
Vine ヴィネ アイランドカウンター ウォルナットシリーズ 幅150cm 収納タイプ H38216

扉、天板、裏面にいたるまでウォルナット材を使用した温もりあふれる質感。リビング側から見てもインテリアとして美しいこだわりのデザインです。おしゃれなデザインと充実の収納を備え、調理のサポートにも役立つ間仕切りキッチンカウンター。バーカウンター風にスツールを置いて使用できる点も魅力的。

ダイニングキッチンの主役にふさわしい、上質感あふれる間仕切りキッチンカウンター

ウォルナット材の豊かな風合いが魅力的な、北欧家具風の間仕切りキッチンカウンター。

部屋の真ん中に設置することになるキッチン収納庫は、インテリアとしても美しいものを選びたい。
そんな方のために作られた、美しさと機能性を兼ね備えたアイデア収納です。

高級感漂う、贅沢なウォルナット材のキッチン収納。

◆引出し前板や扉部分に贅沢にウォルナット突板を使用。本物の木の質感が高級感を感じさせ、おしゃれなキッチンに。
◆天然木ですが、水や汚れに強いウレタン塗装を施し、さっと拭き取るだけで美しさを取り戻します。
◆調理台としてもご使用いただけるほどの機能性と美しさを兼ね備えている点が魅力です。

まるで造り付け。ダイニング側から見ても美しい間仕切りキッチンカウンター。

◆背面を間仕切り仕上にしキッチンとダイニンングの仕切りとしても使用できるように。
◆ダイニング側から見える面には美しい彫り込みを施し、インテリアとして際立つように仕上げたこだわりのデザイン。
◆そばにダイニングテーブルを設置すれば、配膳も楽々に。

キッチンを隠れ家レストラン風に演出するバーカウンター風の設計。

◆ダイニング側の天板は、バーカウンター風にせり出したこだわりの設計。
◆ハイチェアやスツールをセットすれば、ちょっと腰かけて一息つくのにピッタリなスペースに。
◆天板のせり出し部分を含め、全体の奥行は52cm。コンパクトで狭いキッチンでも安心。

インテリアとしても美しい、シャープでスマートなフォルムのキッチン収納。

◆どこから見ても美しく見えるよう、不要な凹凸を可能な限り排除し、すっきりとしたかたちに仕上げました。
◆シャープなシルエットと表情豊かな天然木が、北欧インテリアとも調和します。
◆無駄のない凛とした立ち姿は、ダイニングや台所を大人の上質な空間へと演出するのに一役買ってくれそうなレンジラックです。

家事をサポートする機能面にも自信ありのアイデア収納。

◆見た目の美しさだけでなく、日々のお料理の時間をサポートするための機能も満載。
◆深引き出しは2Lペットボトルも収納できるサイズ。フルスライドレールで軽々奥まで引き出すことが可能。
◆小引き出し付で整理整頓もしやすくたっぷり収納できるので、キッチンストッカー、食品ストッカーとしてもお勧めです。

信頼と安心の国内工場での生産品のキッチンラック

◆国内の職人がひとつずつ丁寧に仕上げたレンジ台、キッチンボードです。
◆細部の丁寧な仕上がりなど、国産品ならではの高品質なダイニングボード・カップボードをお楽しみください。
◆素材はグレードの高い「F☆☆☆☆」材を使用しました。



仕様・サイズ
■サイズ:幅150奥行52高さ91cm、引き出し奥行27.5cm
■天板耐荷重約50kg
■前面・裏面…ウォルナット天然木・ウォルナット天然木化粧合板(ウレタン塗装)、側面…化粧合板、天板…ウォルナット天然木化粧合板(ウレタン塗装)
■可動棚板4枚付き
■2口コンセント(1500W)計1ヶ所付き
■お客様にて天板、左右ジョイント
■日本製
この商品は下記のサービスが選択できます。※組み立て・開梱設置・引き取りサービスは日時指定ができません。お届け前に配送所より配達日時のご連絡をさせていただきます。
※別途配送料金がかかります。



画像の説明

お届けの商品はこちらです。小さなオープンの小棚は、頻繁に使いものを収納するとさっと取り出すことができて便利。収納部の前面にも、木目柄が美しいウォルナット材を採用しました。取っ手はつかみやすい横長の彫り込みタイプ。無垢材を使用し、手触りも滑らか。
棚板は可動式で収納物に合わせて設置が可能です。引き戸部分には滑らかに開閉できるよう、レールタイプを採用しました。[カウンター使いに]15cm突き出した天板にハイチェアをあわせて。[フルスライドレール]2Lボトルも収まり奥まで開閉スムーズ。
[小引き出し]小物の収納にぴったりな浅めの引き出し。[スライドテーブル]スライド仕様で炊飯器も収納。[ウレタン塗装]拭き掃除も簡単で、水まわりでの使用も安心。[配線がもたつかない]床接地面のコード穴で配線すっきり。
最下段の引き出しにもフルスライドレールを採用。奥までしっかり引き出すことができるので、大きなものの収納も安心。15cm突き出した天板が、収納カウンターとしてだけでなく、ちょっとしたバーカウンターとしても使用できるこだわりの設計。背面までオーク材を贅沢に使用し、天然木の風合いを存分に楽しむことができます。木目感を引き立てるストライプの彫り込みがインテリアのアクセントに。引き出しは収納物に合わせて使い分けることのできるよう、高さバリエーションを持たせました。
[コーディネート例][コーディネート例]内寸図(cm)

2016.06.01更新

大阪市西区にある、西川一博税理士事務所です。

飲食店の開業をご検討の方で、融資についてのご相談を受けることも多いです。

設備投資には、資金がどうしても必要になってきます。

この資金がないと、設備投資ができなく、せっかくの夢のマイ店舗開業がかないません。

その為、資金をどのように調達するのかや、その後の返済計画をしっかり立てる必要があります。

基本的に、銀行等から融資を受け、資金繰りをするケースが多いですが、

金融機関からの融資を受ける際は、借りた資金をどのように返済していくのかという返済計画が重要です。

実現不可能な返済計画であれば、当然、銀行からの融資を受ける事がむずかしくなります。

当事務所では、今までの開業融資などの実績から返済計画の作成から融資に関してのトータルサポートを行っております。

飲食開業というオーナー様の夢をスタートする為にも、まずは、しっかりとした計画を立て、進めていく事をお勧めいたします。

当事務所では、初回相談無料で対応もしており、まずは、お話を聞課せて頂き、最前のサポートができればと思っております。

ご相談に来ていただいたからといって、何かをお願いしないといけないという事では御座いませんので、

お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

初回相談は予約制となっているため、

お電話か、 WEB予約フォーム よりご予約ください。

お問合せダイヤル:06-6458-8121

西川一博税理士事務所|飲食店税理士

投稿者: 西川一博税理士事務所

2016.04.26更新

ホームページをご覧頂きありがとうございます。

当事務所、西川一博税理士事務所では、飲食店開業をご検討の方へ、初回無料相談を実施しております。

※予約制

開業を決意されたからこそ、失敗しない飲食店経営を行う為、事前準備をしっかり行えるようにサポート致します。

開業に当たり、融資を受けられる際のサポートや、それに伴う、事業計画書など、まずは専門家への相談をおすすめいたします。

開業後に関しても、毎月訪問のサポートや税務サポートに関しても、バックアップ致します。

まずは、お気軽にご相談ください。

西川一博税理士事務所

お電話:06-6458-8121

大阪府大阪市福島区鷺洲3丁目5番3号

※出張相談にも対応致します。

投稿者: 西川一博税理士事務所

2016.03.30更新

飲食店を開業する際にどのスタイルで開業をするかでサポートも変わってきます。

どのような開業方法があるのか下記に記載致します。

①自己資金による開業スタイル

基本的にこのパターンの開業が多いです。

自分の経験を活かし自分のスタイルで店舗を運営する事が可能です。

②運営代行による開業スタイル

開業資金を出資してもらい、店舗の運営は自分で行う事ができます。

複数の店舗がある場合の店長がこれに近いです。

③フランチャイズ加盟店でのスタイル

すでに認知度もあり集客面で開業時から期待ができるスタイルです。

運営のマニュアルが固まっており、①・②よりも運営をおこないやすいのが特徴です。

など、上記以外のスタイルもありますが、

まずは、どのスタイルで飲食店を開業するかにより、開業までの準備もかわってきます。

基本的には、飲食店でも設備投資が多額にかかる内容もある為、

できるだけ、自己資金を準備する事をおすすめいたします。

飲食店といっても様々なものがあり、ラーメン屋、居酒屋、カフェ、ケーキやなど色々なご相談を頂きます。

まずはお気軽にお問合せ下さい。

大阪市福島区の西川一博税理士事務所

投稿者: 西川一博税理士事務所

2016.02.01更新

飲食店開業をご検討中の方やすでに経営を始められてらっしゃるオーナー様向けに情報を発信していきます。

投稿者: 西川一博税理士事務所