コラム

2016.07.11更新

大阪市福島区のです。

当事務所のオフィシャルサイトにて、起業や税務についてなどのコラムを発信しています。

※不定期では御座います。

当事務所のサポートや税務面のフォローなど、

お手すきな際にご確認ください。

西川一博税理士事務所:公式サイトコラムへ

投稿者: 西川一博税理士事務所

2019-04-08

【花器/茶道具 花入 掛置兼用】 古瀬戸 銘「草枕」 久田宗也筆(尋牛斎) 加藤芳右衛門作 【smtb-KD】
サイズ約直径(天)10.5(下:9.6)×高14.8cm
作者加藤芳右衛門作
久田宗也筆(尋牛斎)
仕様掛置兼用
木箱
  (限定好日・188000)
【コンビニ受取対応商品】

花入 掛置兼用 古瀬戸 銘「草枕」 加藤芳右衛門作 久田宗也筆(尋牛斎)
【久田家】
 久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。
 久田家の庵号は半床庵(は んしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。

【久田家歴代系図】
【初代 宗栄 生々斎】
1559年〜1624年3月6日 俗名は久田新八房政
 (利休の甥か?)
【2代 宗利 受得斎】
1610年〜1685年11月7日 本間利兵衛
 (千宗旦の娘クレの夫、藤村庸軒の兄)

【藤村庸軒】(宗旦の四天王の一人) 千家とつながりの深かった久田家初代の久田宗栄の次男で、呉服商十二屋の藤村家に養子に入ったとされる。
 薮内紹智に茶の湯を学び、小堀政一(遠州)、金森重近(宗和)からも教えを受ける。のちに千宗旦のもとで台子伝授を許され宗旦四天王の一人に数えられた。
 没後、荻野道興の編集により『庸軒詩集』が1803年(享和3年)に刊行された。
【3代 宗全 徳誉斎】
1647年〜1707年5月6日 元は本間勘兵衛と称した
(宗全は手工に秀で、炭斗の宗全籠等、茶碗・茶杓に優品物が多数あります。)
【4代 宗也 不及斎】
1681年〜1744年1月13日 宗全の甥
<4代不及斎には二男あり、理由は不明ながら次男の宗悦が半床庵を継嗣した。>

【高倉久田家歴代】
【5代 宗悦 凉滴斎】
1715年〜1768年4月26日 不及斎の次男
【6代 磻翁宗渓 挹泉斎】
1742年〜1785年7月24日
【7代 維妙宗也 皓々斎】
1767年〜1819年11月29日
【8代 宗利】
不詳-1844年6月30日 養子、元は関宗厳と称した
【9代 一乗宗与】
不詳-1862年8月24日 住山楊甫の孫

『住山家』とは、
  住山 楊甫(すみやま ようほ)は、初代(?〜?)
  表千家6代目宗左の門人。姉は、7代目宗左の妻
  2代(1782〜1855)天明2年〜安政2年 初代楊甫の養嗣子
  表千家9代了々斎の死後、幼い吸江斎の後見人になる
  一乗宗与(〜1862年8月24日)〜文久2年 高倉久田家9代目
  (住山家八代云々斎楊甫の孫。幼名は岩之介)

【10代  宗悦 玄乗斎】
1856年〜1895年4月24日
(表千家10代吸江斎の子で皓々斎の孫)
【11代 守一宗也 無適斎】
1884年〜1946年9月13日
【12代 宗也 尋牛斎】
1925年〜2010年10月22日
 大正14年(1925)京都生。名は和彦、11世無適斎宗也の長男。
 京大史学科卒
【13代 宗也 得流斎】
1958年〜2011年10月13日 当代

陶器(焼物)の花入

陶器の花入には渡り物と国焼があります。

やきもの花入いろいろ
焼物の花入は種類が多く、青磁・染付・彩磁などがあります。
中国から渡来した青磁は真の花入とされます。染付・赤絵はこれに次ぐものとされます。
国焼は瀬戸・高取・伊賀・信楽・備前・丹波・萩・唐津・楽などの京焼があります。
  • 釉がかかり形の格調高い物は行の花入に扱います。
  • 釉がかかってない土物は、草の花入とされます。

木地の薄板は水で濡らしよく拭ききって使用します。
備前・伊賀・信楽など釉のかかってない花入は事前によく水に濡らし、よく拭いて使用します。

花入 掛置兼用 古瀬戸 銘「草枕」 加藤芳右衛門作 久田宗也筆(尋牛斎)
花入 掛置兼用 古瀬戸 銘「草枕」 加藤芳右衛門作 久田宗也筆(尋牛斎)


花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  
送料無料
瀬戸焼花入
表千家 尋牛斉・庵号:半床庵
掛け花入れ、掛置兼用花入れ

2016.06.01更新

大阪市西区にある、西川一博税理士事務所です。

飲食店の開業をご検討の方で、融資についてのご相談を受けることも多いです。

設備投資には、資金がどうしても必要になってきます。

この資金がないと、設備投資ができなく、せっかくの夢のマイ店舗開業がかないません。

その為、資金をどのように調達するのかや、その後の返済計画をしっかり立てる必要があります。

基本的に、銀行等から融資を受け、資金繰りをするケースが多いですが、

金融機関からの融資を受ける際は、借りた資金をどのように返済していくのかという返済計画が重要です。

実現不可能な返済計画であれば、当然、銀行からの融資を受ける事がむずかしくなります。

当事務所では、今までの開業融資などの実績から返済計画の作成から融資に関してのトータルサポートを行っております。

飲食開業というオーナー様の夢をスタートする為にも、まずは、しっかりとした計画を立て、進めていく事をお勧めいたします。

当事務所では、初回相談無料で対応もしており、まずは、お話を聞課せて頂き、最前のサポートができればと思っております。

ご相談に来ていただいたからといって、何かをお願いしないといけないという事では御座いませんので、

お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

初回相談は予約制となっているため、

お電話か、 WEB予約フォーム よりご予約ください。

お問合せダイヤル:06-6458-8121

西川一博税理士事務所|飲食店税理士

投稿者: 西川一博税理士事務所

2016.04.26更新

ホームページをご覧頂きありがとうございます。

当事務所、西川一博税理士事務所では、飲食店開業をご検討の方へ、初回無料相談を実施しております。

※予約制

開業を決意されたからこそ、失敗しない飲食店経営を行う為、事前準備をしっかり行えるようにサポート致します。

開業に当たり、融資を受けられる際のサポートや、それに伴う、事業計画書など、まずは専門家への相談をおすすめいたします。

開業後に関しても、毎月訪問のサポートや税務サポートに関しても、バックアップ致します。

まずは、お気軽にご相談ください。

西川一博税理士事務所

お電話:06-6458-8121

大阪府大阪市福島区鷺洲3丁目5番3号

※出張相談にも対応致します。

投稿者: 西川一博税理士事務所

2016.03.30更新

飲食店を開業する際にどのスタイルで開業をするかでサポートも変わってきます。

どのような開業方法があるのか下記に記載致します。

①自己資金による開業スタイル

基本的にこのパターンの開業が多いです。

自分の経験を活かし自分のスタイルで店舗を運営する事が可能です。

②運営代行による開業スタイル

開業資金を出資してもらい、店舗の運営は自分で行う事ができます。

複数の店舗がある場合の店長がこれに近いです。

③フランチャイズ加盟店でのスタイル

すでに認知度もあり集客面で開業時から期待ができるスタイルです。

運営のマニュアルが固まっており、①・②よりも運営をおこないやすいのが特徴です。

など、上記以外のスタイルもありますが、

まずは、どのスタイルで飲食店を開業するかにより、開業までの準備もかわってきます。

基本的には、飲食店でも設備投資が多額にかかる内容もある為、

できるだけ、自己資金を準備する事をおすすめいたします。

飲食店といっても様々なものがあり、ラーメン屋、居酒屋、カフェ、ケーキやなど色々なご相談を頂きます。

まずはお気軽にお問合せ下さい。

大阪市福島区の西川一博税理士事務所

投稿者: 西川一博税理士事務所

2016.02.01更新

飲食店開業をご検討中の方やすでに経営を始められてらっしゃるオーナー様向けに情報を発信していきます。

投稿者: 西川一博税理士事務所